未分類

三大中華街とは?

日本に中華街がある理由

日本の中華街は横浜、長崎、神戸の3都市です。
いわゆる「三大中華街」というものですが、3つの都市には「海が近い」という共通点があります。
日本に中華街ができた背景には、黒船来航と日本の開国が実は深く関係しているんです。
まずは横浜と長崎が開港し、その数年後に兵庫港が開港すると、「外国人居留地」が開発されるようになりました。
その時西洋人と一緒に日本に来た「華僑」の人々がコミュニティを広げていく中でできたのが今の中華街というわけです。

中華街の楽しみ方

中華街の街並みは同じ日本とは思えないほどの完成度で、そこはもうほとんど中国です。
高級中華料理のお店がたくさんあるイメージですが、実際に行ってみるとお手頃価格のお店もいっぱいあって、地元の人たちにとっては観光地というよりは日常の一部です。